最近はソフト闇金が主流になっている?

ソフト闇金は親身に相談に乗ってくれる

闇金といわれると、威圧的・恫喝してくるというイメージを持っている人もいるでしょう。確かに今でもそのような闇金は存在します。しかし一方で、一見すると闇金業者というような感じのしないところも増えており、それはソフト闇金と呼ばれることも多いです。

ソフト闇金の特徴として、とにかく親切・丁寧に応対することがあげられます。お金に困っている人は何かしらの悩みを抱えているでしょう。そこでソフト闇金の担当者は親身になって相談に乗ってくれます。

すると相手は「この人は信頼してもいいんだ!」と思ってしまいます。また無理な要望についてもむげに断るようなことはしません。例えば多額の借り入れを持ち掛けた場合でも「いきなりは無理ですが、長くお付き合いさせていただければお貸しできるかもしれません」と言ってきます。また多重債務者に対しては「うちでおまとめにすれば月1回の返済になって楽になりますよ」と甘い言葉をささやいてくるのです。

グループを作る

ソフト闇金のもう一つの特徴として、利用者のグループを作るのも見逃せません。グループを作ることで連帯感を盛り上げます。そしてもしグループのメンバーの中でお金を返せなくなったら、それはグループ全体の連帯責任とします。

そうなるとほかのメンバーがなんとかお金を作ろうとするでしょう。また「ほかの人に迷惑をかけたくない」という心理をうまく使って、利益をむさぼるわけです。このようなソフト闇金もいろいろと出てきているので注意が必要です。